ホーム > お役立ちコラム > 耐震住宅ってどんなメリットがあるの?耐震住宅を徹底解説

耐震住宅ってどんなメリットがあるの?耐震住宅を徹底解説

耐震住宅ってどんなメリットがあるの?耐震住宅を徹底解説

耐震住宅という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。
地震が多発する日本に住んでいる多くの人が、“耐震”に興味を持っているのではないでしょうか?
でも、「耐震、耐震」と見聞きしている割には、改めて「耐震住宅ってどんな家なのか」と問われると上手く答えられないといった人も少なくないかもしれません。
ここではそのような人たちのために、現在の耐震基準や耐震住宅のメリットを紹介。
地震に強い家を建てたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

耐震住宅とは

耐震住宅とは、“耐震構造”と呼ばれる構造を備えた住宅のこと。

“耐震構造”とは、地震の揺れに対して耐えうる構造のこと。
地震が来たとしても、倒壊せずに建ち続ける家といってもいいでしょう。

日本は地震が多く、過去にも地震による建物の倒壊によって数多くの人が亡くなってきました。
そのような被害を防ぐためにも、地震の揺れに耐えうる住宅の建設が求められています。

耐震住宅の基準

耐震構造を備えた家は、“耐震基準”に則っている必要があります。
現在の耐震基準は、1981年の建築基準法の改正が元となっています。
この改正において、許容応力度計算と保有水平耐力計算が導入されました。
また木造住宅に関しては、2000年にも改正が行われています。

1981年より前の旧耐震基準では、震度5強程度の地震が発生しても建物が壊れないような設計が求められていました。
現在の耐震基準では、震度6~7といった大きな地震が起きたとしても、倒れないような建築設計が必要となります。

この新耐震基準ですが、単純に地震に強いだけでなく、購入する際、税制面でも有利だったりします。
中古物件の中には、旧耐震基準に沿って建てられている建物も多く、耐震強度があるか注意が必要です。
不安な場合は、耐震診断をしてから購入することをおすすめします。

耐震住宅のメリット

耐震住宅の4つのメリットをお伝えします。

1.比較的安く地震に強い家を建てられる

地震に備える工法として、耐震以外にも、免震、制振があります。
免震とは、免震装置を設置することで揺れそのものを受けないようにする工法のこと。
制振は、制振装置を導入することで、地震の揺れを吸収する工法となっています。

どちらも地震に対して効果的ですが、耐震住宅に比べて、費用がかかる傾向にあります。

リーズナブルに地震に対しての備えが欲しいと思う方は、耐震構造のある住宅を選ぶことをおすすめします。

2.強風や台風の影響も軽減できる

耐震住宅は、地震だけでなく強風や台風の影響も受けづらいといわれています。
沖縄など台風の影響を毎年のように受けるエリアの住む方などは、台風対策として耐震構造のある家を導入してもいいかもしれません。

逆に、免震構造の住宅は、強風などの影響を受けやすいため、揺れを感じそうか、事前に建築会社に確認しておいたほうがいいかもしれません。

3.どんな業者でも対応できる

耐震住宅は、免震・制震と違って、どの業者でも対応してもらえます。
免震・制震は耐震に比べて、普及率がそこまで高くなく、取り扱っている業者の数も限られます。

4.敷地を広く活用できる

制震、免震の場合、建築物自体が揺れに沿って動くように造られているため、その分広くスペースを確保しなくてはなりません。
制震・免震構造に合わせて、配管についても考える必要が出てきます。

土地によっては敷地いっぱいに建物を建てることができなくなってしまい、家が狭くなってしまう可能性があります。

耐震住宅を建てて、地震に備えよう

耐震住宅の基準やメリットについてお伝えしました。
地震大国ニッポンだからこそ、耐震にはこだわっていきたいですよね。
突然の地震に対しても、耐震住宅に住んでいたら、大きな被害を受けずに済むかもしれません。
災害に対する不安がある人は、耐震住宅を建てることをおすすめします。

アエラホームでは外張り断熱と充填断熱のW断熱を軸に環境設計を通してトータルな注文住宅設計ご提案しております。
お近くの展示場のご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP

アエラホームへのご相談

CONSULTATION

カタログ請求

ご希望のカタログを選んで
ご請求いただけます。

展示場一覧

全国のアエラホームから
お近くの展示場をご案内します。

来場予約・WEB面談予約

お手軽・簡単にWEBでご予約できます。

アエラホーム
公式SNSアカウント