ホーム > お役立ちコラム > 注文住宅の間取りの決め方が分からない|間取りが大切な理由

注文住宅の間取りの決め方が分からない|間取りが大切な理由

注文住宅の間取りの決め方が分からない|間取りが大切な理由

注文住宅を建てる際、気になる項目の一つが“間取り”。
どのような間取りにすれば、新居での生活が快適になるのか……。
考えるほどだんだんわからなくなってくる、といった人も少なくないでしょう。
ここでは、注文住宅の“間取り”について紹介します。
間取りの決め方や、決める際に注意したいポイントなどを知りたい人は、ぜひご覧ください。

注文住宅で間取りを大切にすべき理由

注文住宅を建てる際、ぜひ重視してほしいのが“間取り”です。
間取りによって、収納力や家事動線、掃除のしやすさ、家族間でのコミュニケーションの取りやすさなどが大きく変わってしまいます。

どの間取りがいいかは、人によって異なります。
同じ間取りでも、ある人は「余裕があっていい」と感じますが、別の人は「ムダなスペースが生じてしまった」と後悔するケースもあるのです。

失敗しないためにも、自分はどのような暮らしをしたいと考えているのか、を明確にしてから間取りを決めるようにしましょう。

注文住宅の間取りの決め方や注意点

注文住宅の間取りを決める際は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
ここでは、注文住宅を建てる際に気をつけておきたい間取りの決め方の5つのポイントを紹介します。

1.家事動線を意識する

家事動線を意識しましょう。
動線を意識しないで家を建ててしまうと、家事や生活のしづらい家になってしまいます。

例えば、回遊性や収納力の高いキッチンや洗濯から干すまでがスムーズにいく部屋割り、必要なものをその場でしまえる収納力の高い家などは家事動線に優れていて、いつもの家事を楽にしてくれます。
ムダのない家事動線を考えて、日々の生活にゆとりを与えていきましょう。

2.家具・家電の配置をイメージする

どこに何の家具・家電を置くかも一緒に決めていきましょう。
そして、このときにコンセントの位置も決めておけるとベストです。

コンセントの数が不足していたり、場所が悪かったりすると、生活するうえで色々な不便が生じます。

実際の生活をイメージしながら、間取りを決めていきましょう。

3.風の通り道を考える

風通しのいい家を造りたいのであれば、風の通り道(入り口と出口)を作ることをおすすめします。
それぞれの窓の位置関係を考えたうえで、間取りを決定していきましょう。

風通しのことを考えて、小さな窓を設置するのもOK。
小窓であれば、不審者が侵入する確率も低いので、開けっ放しにできるといったメリットもあります。

4.日当たりも考慮する

冬場も陽の光が当たるような気持ちの良い空間を作っていきましょう。
また陽の光が入りすぎるのも困りもの。
「西日が暑い」「朝日がまぶしすぎる」などの悩みを抱えている人も少なくありません。
そのため、あえて窓をつくらなかったり、小さくしたりすることも重要。
自然光をどのくらい取り入れたいのかを考えて、間取りを決めていきましょう。

5.収納計画をしっかり立てる

収納についてプランを立てておくことは重要です。
「収納スペースをもっと作っておけばよかった……」という悩みは、今も昔も変わらず存在します。

注文住宅を建てる際、予算が足りなくなったとき、収納スペースを減らして対応しようとする人は大勢います。
しかし、その結果、住みづらくなってしまったらもったいないですよね……。

できれば収納スペースは確保したまま、ほかの部分で予算に間に合わせることはできないか検討してみましょう。
とくに小さなお子様がいる家庭においては、収納は非常に重要な問題です。
「今より物は増える」といった前提で、収納スペースをしつらえるといいでしょう。
適切な収納量は生活スタイルによって異なります。施工会社の担当者や設計士に家族の生活スタイルを相談するといいでしょう。

将来のライフスタイルが変わった際も考慮することが必要です。
例えば自分の老後の生活や子供が独立し家を出ていく際は住んでいる人間のライフスタイルが大きく変わる節目になるので、今後のライフスタイルについても考えてみましょう。

注文住宅の間取りでよくある失敗

注文住宅を建てる際、間取りに関するよくある4つの失敗例を紹介します。

1.家全体ににおいが広がってしまった……

開放感のある家にしたら、家全体に食べ物などのニオイが広がりやすくなってしまった、といった例もあります。
2階にまでにおいが広がっていかないよう、換気設計をしっかりするなど工夫を凝らしていきましょう。

2.コンセントが使いづらい……

コンセントが使いたい場所になかったり、数が足りなかったりして「失敗した」と感じる人も大勢います。
とくに玄関周りや外などは見落としてしまいがちなところ。

どこでコンセントを使用するかも、間取りを考える時点で考慮しておきましょう。

3.生活音が気になって仕方がない……

音が気になって、集中できないという人もいます。
その場合、寝室とキッチンといった、リラックスしたい場所と音が出やすい場所を分けるといった工夫をしたほうがいいでしょう。

とくに注意したいのが、二世帯住宅。
2階のリビングの真下に両親の寝室があり、夜は音を立てないように気をつけなければならないといったトラブルも見受けられます。

家族の生活パターンを考えたうえで、間取りを設計しましょう。

4.家事動線がスムーズでない……

動線で失敗する例も数多あります。
効率の良い動線を作るためにも、ライフスタイルのシミュレーションは欠かさず行いましょう。

例えば、洗濯の動線も、洗濯機から洗濯物を取り出して、庭に干すところまでは考えていたけれど、取り込んだあと置くスペースがなく、来客用の和室には常に洗濯物がいっぱい……、といった動線ミスが数多く報告されています。

家事動線は、家事をするときだけでなく、終了時やスペースを使ったあとのことまで考えると、さらに失敗を減らせると思います。

4.収納が足りない……

家は一度立ててしまうと動線や収納スペースを大きく変更することはできません。
子どもの成長につれて収納するべきものが増えたり、祖父母との同居などで家に住む人が増えることもあるでしょう。
そうすると収納が足りなくてリビングや寝室などの大切な生活スペースを圧迫せざるをえないこともあるでしょう。

長い目で家族のライフスタイルを取り入れた収納スペースを確保する必要があるでしょう。

動線などをよく考えてから、間取りを決めよう

注文住宅の間取りの決め方のポイントや失敗例などを紹介しました。
過ごしやすい空間にするため、間取りは重要なポイント。
間取りが良くないと、「家事動線がスムーズではない」「生活音が気になる」などの問題が発生する可能性も出てきます。
ベストな間取りは人それぞれ。
自分のライフスタイルに合った間取りはどういうものか、考えてから建設しましょう。

アエラホームでは外張り断熱と充填断熱のW断熱を軸に環境設計を通してトータルな注文住宅設計ご提案しております。
お近くの展示場のご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP

アエラホームへのご相談

CONSULTATION

カタログ請求

ご希望のカタログを選んで
ご請求いただけます。

展示場一覧

全国のアエラホームから
お近くの展示場をご案内します。

来場予約・WEB面談予約

お手軽・簡単にWEBでご予約できます。

アエラホーム
公式SNSアカウント