ホーム > お役立ちコラム > 注文住宅購入の流れや期間|ローンの流れについても紹介

注文住宅購入の流れや期間|ローンの流れについても紹介

注文住宅購入の流れや期間|ローンの流れについても紹介

注文住宅を建てることを考えているけど、いったい注文住宅の検討を始めてからから入居までどれくらいかかるのだろう。
どのような流れを経て、建てられるのだろう……といった疑問を持っている人もいると思います。
ここでは、注文住宅を建てる際の流れと期間について解説。
これから注文住宅の建設をしようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

注文住宅購入の流れ

注文住宅を購入するときの流れについて解説します。

1.予算やイメージ等の打ち合わせ

注文住宅購入のために、どれくらいのお金をかけられるのか検討しましょう。
まず自己資金としてどれだけ出せるかを考えます。
予算に関しては、すべて自己資金でまかなわなくても、住宅ローンを活用することもできます。
住宅ローンで借りられる金額は年齢、担保、勤続年数、年収等によって変わってきます。
返済負担率が高すぎたり、延滞履歴があったりする場合、審査に通らないかもしれません。
ローンの審査を通過するためにも、ほかの商品をローンを組んで買うことを控えたり、さまざまな金融機関の審査に申し込んだりすることをおすすめします。

またどのような家を建てたいのかイメージ作りも大事です。
キッチン、子ども部屋、寝室、家事のしやすさ、収納力などさまざまなポイントに焦点を当てて、理想の住まいについて考えてみてください。
ある程度のイメージを作ったうえで、ハウスメーカー等に相談すれば、その後の打ち合わせ等がスムーズに進んでいくと思います。

2.土地を探す

土地がない場合は、希望条件に合った土地を探しましょう。
自分が求める土地を見つけるには、ハウスメーカーや不動産会社の力を借りることをおすすめします。
ハウスメーカーにすべての工程を一括で任せる場合、予算の計画も立てやすくなるでしょう。

ただし、仲介手数料がもったいないと感じる場合は、インターネットや売地を歩くなどして、自分で探すのも一つの方法。
ほかでは見つからない、掘り出し物が見つかるかもしれません。

ハウスメーカーにお願いする場合も、まず不動産会社のウェブサイトなどをのぞいて、土地の相場を確認してから、依頼することをおすすめします。

3.施工会社を選ぶ

土地のある人もない人も、必ず選択しなくてはならないのが施工会社。
周囲の評判を聞いたり、モデルハウスに足を運んだりするなどして、自分にあった施工会社を選びましょう。

施工会社には主に3つの種類があります。

〇施工会社の種類〇

  • ハウスメーカー……全国に支店を持つ大手企業。安定した品質と大手ならではの安心感を求める人におすすめ。
  • 工務店……比較的小規模で地元密着型。ハウスメーカーに比べて自由度が高く、こだわりの強い人におすすめ。
  • 設計事務所……ほかにはないオンリーワンの住宅を建てたい人におすすめ。予算内で理想の家を建てられる可能性が高まりますが、設計以外のことに関してはさらに外注することになります。

施工会社を選ぶときに重視したいことの一つが、担当者との相性。
できれば、経験が豊富で、知識のある担当者と二人三脚で家を建てられると理想です。
家づくりと同時に、重視したいのがアフターサービス。
引き渡し後、どのくらいの頻度でメンテナンス等に来てくれるのか確認しておきましょう。

施工会社を選ぶときは、複数の会社を比較検討することをおすすめします。
最低でも3社くらいから基本設計・プランや見積もりを取って、候補を絞れるといいでしょう。

4.契約

施工会社が決まったら、見積と設計プランの打ち合わせを進めていきましょう。
契約前に、住宅ローンの仮審査で、ある程度ローンを組める額を把握しておくこともおすすめします。

納得いく内容だったら、工事請負契約を結びましょう。
見慣れない文言が並んでいるかもしれませんが、なんとなくで判子を押すのではなく、内容を把握することが大事です。
とくに工事名・工事場所、金額、支払日・支払タイミング、工期、アフターサービス等は問題ないか必ずチェックしておきたいポイント。
もし分からないことがあったら、恥ずかしがらずにどんどん質問しましょう。
「勧められたから……」と内容を理解せずに判を押してしまうと、後悔する可能性が高まります。

5.プランの詳細決定・打ち合わせ

契約締結後は、地盤調査を行い、地盤改良の必要がないか確認し、必要な場合は見積りに反映します。

同時に、間取りプランの詳細も考えていきます。
ハウスメーカーによっては、インテリアのトータルコーディネートをしてくれるところもあります。

着工後の変更は追加料金がかかったり、変更できなかったりするケースもあります。
そうならないためにも、この段階でしっかり詳細を詰めていきましょう。

6.ローンの申し込み

住宅ローンの本審査を受けます。
仮審査で通っても、本審査で落ちてしまうケースもあります。
そうなった場合、契約をキャンセルせざるをないこともあるでしょう。

万が一そのような事態になったとき用に、契約書には「ローン特約」の項目があるか必ず確認してください。
ローン特約とは、ローン審査が通らなかったとき、契約自体を無効にできる約束のこと。
本来払うはずである違約金を支払う必要がなく、手付金も返還してもらえます。

しかしある金融機関の本審査で落ちたからといって、ほかの機関でもローンを必ず組めないわけではありません。
その際は、まずなぜ落ちてしまったのかを考えて、対策を練ってから、別の審査に臨むようにしましょう。

審査が通らず、契約が通らなかったら、夢をあきらめなければならないだけでなく、売主や不動産会社にも色々面倒をかけてしまいます。

そうならないためにも、専門家に相談しながら、ローンを組めるよう最善を尽くしていくことをおすすめします。

7.着工

工事の内容を確認し、問題なさそうだったら、着工です。
まずは基礎工事を行い、骨組みが完成したら、上棟式を行うケースもあります。

施工中もぜひ工事現場に足を運び、業者の人たちとコミュニケーションをとってください。
家の状況が分かるだけでなく、マイホームへの愛着も増すと思われます。

8.引き渡し

建物が竣工したら、市区町村の完了検査を受け、検査済み証を発行してもらいます。
施主自身が最終確認を行って、特に問題なさそうでしたら、引き渡しです。
万が一、修理してほしい点などがありましたら、いつ対応してもらえるのか書面などで明確にしておきましょう。

引き渡ししてから、引っ越しする前に、一度近隣にあいさつに行くのもいいと思います。

9.入居

入居後も施工会社との関係は続きます。
施工会社によっては、アフターケアサービスを提供しており、定期点検や建物の診断・検診を行います。
診断結果をもとに、その後も適宜メンテナンスを実施し、長く住み続けられる家へとしていきます。

注文住宅の検討から購入までの期間

注文住宅を建てるのにかかる期間は、どれくらいなのでしょうか?
一般的に注文住宅を建てるには8~15カ月程度かかるといわれています。

まず予算決めやイメージ作りなどに1~3カ月程度、土地探しや施工会社選び、住宅ローンの仮審査などに3カ月程度、契約してから住宅ローンの本審査などに3~6カ月程度、建設期間が3~6カ月程度、竣工・引き渡しから引っ越しまでに1カ月程度かかります。
トータルで1年から1年半程度の期間を想定しておきましょう。

土地探しや設計プラン決めに関しては、もっと時間がかかることもあります。

新居に早く入居したい場合は、スケジュールを細かく決め、厳守するようにしましょう。
とくに土地探しなどは「もっと良いところがあるのではないか」と思いだすとキリがありません。

すべてイメージ通りというのが理想ですが、予算や法律などの関係で、思い通りいかないケースもあります。
そうなったとき、スムーズに判断できるよう、あらかじめこだわりポイントに対しては優先順位をつけておくことがおすすめです。

「これだけは絶対に譲れない」といった部分が明確になっていたら、スムーズに決定・判断できますし、施工後の後悔も少ないと思います。

注文住宅の流れや期間を把握して、後悔なく新居を建てよう

注文住宅の購入の流れや期間についてお伝えしました。
「注文住宅を建てたい!」と思っても、実際に新居に住むまでには、さまざまな工程を踏む必要があります。
「こんなに時間がかかるの?」といった事態にならないためにも、事前に注文住宅の購入の流れや期間を把握しておき、スムーズに新居を手に入れましょう。

アエラホームでは外張り断熱と充填断熱のW断熱を軸に環境設計を通してトータルな注文住宅設計ご提案しております。
お近くの展示場のご予約はこちらから

関連記事

PAGE TOP

アエラホームへのご相談

CONSULTATION

カタログ請求

ご希望のカタログを選んで
ご請求いただけます。

展示場一覧

全国のアエラホームから
お近くの展示場をご案内します。

来場予約・WEB面談予約

お手軽・簡単にWEBでご予約できます。

アエラホーム
公式SNSアカウント