ホーム > お役立ち情報 > 住宅取得は今がチャンス!

住宅取得は今がチャンス!

住宅取得チャンスの4つの理由

s

消費税増税により、住宅のような高額の買い物には大きな影響が出てきます。

住宅そのものの増額
同じ仕様でも、金額が上がってしまいます。
建築資材や住設機器の高騰
セットで販売している商品でも、部品ひとつひとつに消費税がかかるため、その分価格が高くなる可能性があります。
駆け込み需要による工事費の上昇
駆け込み需要により工事が増えることで、工事費が上がる可能性も。東日本大震災の建築バブルでは、1.5倍になったという声もあります。
土地購入費用の増加
土地そのものには消費税はかかりませんが、仲介手数料には消費税がかかります。

■消費税8%の場合

 
建材 設備 工事費 土地 総額
1,080万円 270万円 540万円 1,555.1万円(1,500万円+55.1万円) 3,445.1万円

■消費税10%の場合(消費税2%アップ、工事費は現状の人工上昇をふまえてさらに1.5倍)

建材 設備 工事費 土地 総額
1,100万円 275万円 825万円 1,556.1万円(1,500万円+56.1万円) 3756.1万円+α

→311万円+αアップが考えられます

  

※+αは各商品に消費税が加算された場合の追加負担分です。

    

住宅は、お引き渡しまでに数か月かかります。早めの決断がお客様にとってお得になるチャンスです!

    

【フラット35S】に注目!!

【フラット35S】とは?

【フラット35】Sとは、【フラット35】をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げられる制度です。 プランは2種類あり、【フラット35】の借入金利を金利Aプランは当初10年間、金利Bプランは当初5年間、それぞれ年率0.3%引き下げることができます。ただし、それぞれ予算金額があり、予算に達した時点で終了となります。



<金利引き下げ幅>  
金利引下げプラン 金利引き下げ期間 金利引下げ幅 申込期限
【フラット35】S(金利Aプラン) 当初10年間 年▲0.6% 2016年1月29日までの申込み分に適用
【フラット35】S(金利Bプラン) 当初5年

クラージュは【フラット35】Sの利用が可能です!


<【フラット35】S金利計算例>
【フラット35】 【フラット35】S
借入金利 全期間 年1.54% 当初10年間 年1.49%
11年目以降 年1.79%
当初10年間 年1.49%
11年目以降 年1,79%
毎月の返済額 全期間 96,176円 当初10年間 91,708円
11年目以降 94,977円
当初10年間 91,708円
11年目以降 95,584円
総返済額 40,393,803円 39,497,984円 39,912,710円
【フラット35】と比較して
(総返済額)
- ▲ 1,750,548円 ▲ 944,972円

【試算例】借入金額3,000万円、借入期間35年間、元利均等返済、ボーナス返済なし、融資金利年1.54%※の場合

 ※2015年4月において返済期間が21年以上35年以下の場合で取扱金融機関が提供する最も多いフラット35(買取型)の金利

【フラット35】S(金利Aプラン)→【フラット35】より約175万円お得です。
【フラット35】S(金利Bプラン)→【フラット35】より約95万円お得です。

贈与税非課税拡充!銀行住宅ローン低下!しかし土地価格の下落傾向はストップ?!

贈与税非課税枠が1,500万円に拡充されました

住宅取得のための贈与に係る非課税枠が2015年は1,500万円。従来の基礎控除110万円と合わせると非課税枠は1,610万円になります。

住宅ローン借り入れのチャンスです

平成24年4月から主要銀行の金利が下がり超低金利時代へ。住宅ローン借入のチャンスです。

住宅ローン減税の借入限度額引き上げ!

2013年長期優良住宅入居者の最大控除額は300万円

2009年4月からスタートした住宅ローンの大型減税は、2015年に一般の住宅に入居した場合で、 住宅ローンの年末残高が4,000万円まで対象、最高控除額は400万円となっています。
しかし、「長期優良住宅」の場合は、住宅ローンの年末残高が一般の住宅より1,000万円多い5,000万円まで対象となり、最高控除額は500万円となっており、大変お得です。
この制度が使えるのは、2014年4月から2017年12月までに居住を開始した方が対象となります。
控除率は一般の住宅、長期優良住宅ともに10年間1%となります。

  アエラホームのクラージュは長期優良住宅です。   
入居年 一般の住宅 長期優良住宅 控除率
控除対象年末残高 控除率 通算最高控除額 控除対象年末残高 控除率 通算最高控除額
2015 4000万円 1% 400万円 5000万円 1% 500万円 10年
PAGE TOP