ハウスオブザイヤーインエナジー2018 6年連続受賞
  • クラージュ
  • クラージュエアリア
  • クラージュエアリア

この度、一般財団法人 日本地域開発センターによる、省エネルギー性の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」において、「クラージュ」が4年連続で特別優秀賞、「クラージュ エアリア」「プレスト」の2商品が優秀賞と、エントリーした3商品全てが受賞し、6年連続での受賞となりました。併せて、5年以上連続受賞の企業に授与される特別表彰 特別優秀企業賞も2年連続で受賞いたしました。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーとは

建物の「躯体と設備を一体として捉えた省エネルギー性」の評価を行い、優れた住宅を表彰することで、省エネルギーやCO2削減等へ貢献する住宅の普及と質的向上を促進するものです。

評価の視点
下記3つの視点から、審査委員会での審議を踏まえ、トータルでの省エネルギーな住宅が選定されます。

1外皮・設備の省エネルギー性能値

屋根まですっぽり包み込んだ外張W断熱の家

「クラージュ」はアルミを使った断熱材で外側から建物全体をすっぽりと包み込み、内側の壁には発泡ウレタンフォームでしっかりと気密・断熱処理を施した、日本最高水準の高気密・高断熱・高遮熱住宅です。

  • 屋根

    屋根

    キューワンボード厚さ40mm
    +アルミ気密テープ
    +フォームライトSL厚さ75mm

  • 外壁

    外壁

    キューワンボード厚さ40mm
    +アルミ気密テープ
    +フォームライトSL厚さ115mm

  • 床

    フエノバボード厚さ90mm
    +構造用合板(厚さ28mm)

※平成25年省エネルギー基準5〜7地域仕様の場合
 ※写真はイメージです。

2多様な省エネルギー手法の導入

光熱費の削減やCO2排出量の削減に貢献する省エネ設備を標準搭載

photo photo photo photo

※写真はイメージです。

3省エネルギー住宅の普及への取り組み

構造・完成見学会の開催や、
住宅博覧会への出展などによる
省エネ住宅普及への取組み

  • photo

    地域イベント、住宅博覧会などへの出展

  • photo
  • photo

    構造・完成見学会の開催

  • photo

    アニメ・施工現場VTRによる情報発信

※写真はイメージです。

PAGE TOP