平屋に暮らすという選択

平屋に暮らすメリット

  • 1.シンプルな構造のため災害に強い

    1.シンプルな構造のため災害に強い

    平屋の住宅は2階建て以上の建物と比較して、
    構造がシンプルなので地震などの災害に強い傾向にあります。
    また、平屋は物理的な断面積も小さいので、
    台風で強風が吹いても影響を受けにくいというメリットもあります。

  • 2.間取りの自由度が高い

    2.間取りの自由度が高い

    伝統的な日本の平屋住宅は、構造的に強く階段を必要としないため、
    間取りの自由度が高いのが特徴です。
    ご自身の趣味趣向に合わせて住まいへのこだわりを実現させることができます。

  • 3.メンテナンスコストが安い

    3.メンテナンスコストが安い

    一戸建ての住宅では定期に外壁・屋根などのメンテナンスが必要ですが、
    平屋の住宅ではメンテナンス時に足場が必要ありません。
    短い椅子で簡単に対応できるため、
    2階建てに比べてメンテナンスコストが安く済む傾向にありあます。

  • 4.家族間のコミュニケーションが円滑に

    4.家族間のコミュニケーションが円滑に

    平屋住宅では自然にリビングに人が集まるようになり、
    家族間でのコミュニケーションが活発になりや
    すい傾向があります。また、小さなお子様がいるご家庭でも、
    お子様を常に目が届く範囲で見守ることができるため安心・安全です。

平屋住宅お客様の実例紹介

実例画像 ▲ 大空間の明るいリビングは、ワンちゃんたちもお気に入りの快適な空間になっている。

天井までの大空間が
気持ちいい快適な平屋

実感の声
千葉県 Kさま邸

  • 1屋根断熱だからできる大空間
  • 2光と風を取り入れた自然を感じる家
  • 3和室から望む手作りの坪庭
  • 千葉県 Kさま邸 庭 ▲ 大屋根を活かしたシンプルな外観。
    ご主人がお手入れしている芝とのコントラストが美しい。
    家づくりの要望・こだわり

    「今まで住んでいた平屋住宅の間取りを活かしながら、開放的で明るいリビングを」と住まいへのこだわりをお持ちだったKさんご夫妻。
    そのKさんの目に留まったのが、自由設計で高気密・高断熱住宅の家づくりを得意とするアエラホームであった。
    細かな要望や変更にもスピーディかつ柔軟に対応するスタッフの姿勢、性能や設備、価格のバランスなどが依頼の決め手になったという。

  • 千葉県 Kさま邸 間取り
    建物概要
    高気密・高断熱・高遮熱住宅「クラージュ」
    延床面積:109.75㎡(33.2坪)
    住み心地

    「明るくて開放的なリビングは快適そのものです」というリビングは、モデルハウスの吹き抜けと梁を見てイメージが湧いてきたと奥様。
    天井を高くし、上部からの光を取り入れながら明るく開放的な広々としたリビングに仕上がっている。
    アエラホームでは、天井ではなく屋根で断熱を行っているため平屋でも天井の高い家づくりが可能になる。「こんな大きな空間でもエアコン1台で快適なうえ、光熱費は下がったんです」と満足そうなKさんご夫妻。
    和室には、低い位置に窓を設け、旦那様お手製の坪庭を眺めながらくつろぐことができたり、
    奥様が料理をしながら外の景色楽しむことができるよう季節の移り変わりを楽しみながら生活できる工夫がされている。
    家族が年中快適に過ごせ、友人や家族にもいい家ができてうらやましいといってもらえると笑顔でお答えいただけたKさんご夫妻。

画像 画像
  • 「リビングの梁はモデルハウスを参考にしました」と奥様。

    ▲「リビングの梁はモデルハウスを参考にしました」と奥様。

  • 奥様の好きなオレンジ色でアクセントを加えている

    ▲奥様の好きなオレンジ色でアクセントを加えている

  • ム料理をしながら外の景色を楽しめるキッチンは奥様のお気に入り。

    ▲ム料理をしながら外の景色を楽しめるキッチンは奥様のお気に入り。

  • 那様お手製の坪庭は、玄関、 和室から望めるよう工夫がされている。

    ▲那様お手製の坪庭は、玄関、 和室から望めるよう工夫がされている。

  • お酒落なボウルで造作した手洗い台。

    ▲お酒落なボウルで造作した手洗い台。

  • 和室からも坪庭が見え四季の移り変わりを感じながら 過ごすことができる。

    ▲和室からも坪庭が見え四季の移り変わりを感じながら
    過ごすことができる。

  • 玄関を入るとすぐに正面の窓から坪庭が 和室から望めるよう工夫がされている お客様を迎えてくれる。

    ▲玄関を入るとすぐに正面の窓から坪庭が 和室から望めるよう工夫がされている
    お客様を迎えてくれる。

カタログ・資料を請求する

PAGE TOP

資料請求チャット